電子タバコとは?−電子タバコ事典☆
電子タバコ事典
電子タバコ1
電子タバコ2
電子タバコとは?


 電子タバコとは、タバコ型の小型電子機械で、デジタルタバコとも呼ばれています。
 本体そのものの見た目も本物と間違えてしまうくらいそっくり、その上、本物のタバコの煙のように水蒸気まで出ます。
 その水蒸気を吸い込むことで擬似喫煙できるアイテムなのです。

 電子タバコは2003年に香港の企業によって開発され、日本でもメディアで紹介されたことなどをきっかけに、2008年中頃より急速に使用者が増えています。

 喫煙者がますます肩身の狭い思いをする世の中の動向、将来1箱1000円にまで値上がりするかもしれないタバコ税の増税などの影響を受けて、今後ますます注目されるアイテムになりそうです。

TOPへ戻る


Copyright(C) 2009
電子タバコ事典