電子タバコの使用方法−電子タバコ事典☆
電子タバコ事典
電子タバコ1
電子タバコ2
電子タバコの使用方法


 構造的にはメーカーや形状を問わず、全てほぼ同じで充電式バッテリーと噴霧器としての本体、希釈液を含んだカートリッジから構成されています。

 専用のカートリッジを取り付けて、タバコを吸うように吸い口から吸引すると、先端のLED ライトが赤く点灯し、熱が発生し、空気中の水分やカートリッジ内の液体を蒸発させて水蒸気になり、吸い口から噴出されます。

 肺まで深く吸引すると水蒸気は見えなくなりますが、そのまま吐き出すとまるで本物の煙のように見えるというわけです。

 形状は葉巻型、パイプ型、タバコ型などいろいろなものがあります。

TOPへ戻る


Copyright(C) 2009
電子タバコ事典