電子タバコのメリット・デメリット−電子タバコ事典☆
電子タバコ事典
電子タバコ1
電子タバコ2
電子タバコの
メリット・デメリット


 電子タバコを使用するにあたって、使用する人には次のようなメリット・デメリットがあると考えられます。


メリット

吸えない場所でだけ使用するセカンドタバコにすることもできる。

火気を用いないので燃焼に伴うタールや一酸化炭素等が発生しない。

副流煙が発生しないので受動喫煙を防止できる。

初期費用はかかるが継続して使うことを考慮すればランニングコストは安く済み経済的。

煙やヤニで部屋を汚すことがない。また服や髪などに臭いが残ることもない。

灰や吸殻の処理が不要。

寝たばこなど、火災の心配がない。

タバコを吸っているような醍醐味は味わいながらも、禁煙・減煙効果が期待できる。



デメリット

通常のタバコと同じ銘柄が無いので、今まで慣れ親しんだ味や香りを味わえない。

バッテリーを充電しないと使えない。

自分に合わなかった場合、初期費用が無駄になる。

TOPへ戻る


Copyright(C) 2009
電子タバコ事典