タール−電子タバコ事典☆
電子タバコ事典
電子タバコ1
電子タバコ2
タール


 タールとはタバコのフィルターや歯に付着する茶色の物質、俗に言う『ヤニ』のことです。

 タールには40種類以上もの発がん性物質やがんの発生を促進する物質などが含まれていると言われています。
 喫煙者の肺のモデルなどを見たことがある人も多いと思われますが、このタールが肺や気管などを真っ黒にする原因物質なのです。

 ニコチンのように血液中に吸収されることはほとんどありませんが、細胞に付着するため、がんの原因になると言われます。
 タバコが、さまざまながんの原因になりうることはよく知られていますが、中でもこのタールの影響が最も大きいと考えられているのです。

 1日にタバコ1箱(20本)を吸う人では、1年間にコップ1杯分のタールを飲んでいるのと同様なくらい影響があると言われています。

TOPへ戻る


Copyright(C) 2009
電子タバコ事典