美容の大敵・ニコチン−電子タバコ事典☆
電子タバコ事典
電子タバコ1
電子タバコ2
美容の大敵・ニコチン


 女性にとって、ツヤツヤでハリのある肌は、永遠のテーマ。 タバコは美容にも大きく影響するのです。

 肺から取り込まれたニコチンは毛細血管から全身へ運ばれ、血管を収縮させます。 血管の収縮により、血流が悪くなり、肌の新陳代謝が悪くなるため、肌荒れ、肌のくすみ、しわ、しみ、ニキビなど肌トラブルの原因になりやすいです。

 ニコチンは美しい肌を作るために欠かせないビタミンCを破壊します。 ビタミンCはメラニン色素を抑え、紫外線などによるしみの沈着を防ぎます。
 またお肌にハリを与えるコラーゲンの体内生成にも使われていますビタミンCの破壊量はタバコ1本でレモン1個分(約25mg)に相当し、タバコ2本で1日の必要摂取量50mgを失っていることになります。

TOPへ戻る


Copyright(C) 2009
電子タバコ事典