タバコと妊産婦−電子タバコ事典☆
電子タバコ事典
電子タバコ1
電子タバコ2
タバコと妊産婦


 ニコチンは血管を収縮させるので、妊婦さんの体内の血流が悪くなります。
 また、一酸化炭素は血液中の赤血球(ヘモグロビン)と結合するので、酸素が充分体内に運ばれず酸欠状態になる可能性が高くなります。
 つまり赤ちゃんに運ばれる酸素も不足する恐れがあります。

 その結果、子宮の収縮が起こりやすくなったり、胎盤の機能が低下し、流産や早産、前置胎盤や胎盤早期剥離などのトラブルの発生率が高くなります。
 また赤ちゃんの発育を阻害し、低体重児になったり、子宮内胎児発育遅延(IUGR)の原因となる場合もあります。

 妊娠中だけでなく、産後も禁煙を続けましょう。
 何の前触れもなく赤ちゃんが突然亡くなってしまう乳幼児突然死症候群(SIDS)は、タバコも深く関わっていることが分かっています。
 その発症率は非喫煙の家庭と比べて、両親が喫煙する家庭では5倍、片方が喫煙する家庭でも1.6倍になると言われています。

TOPへ戻る


Copyright(C) 2009
電子タバコ事典